永久脱毛とは

永久脱毛について私の考察

「永久脱毛」といえば、その名の通り永久に毛が生えてこなくなる脱毛だと思われがちですが、生涯永久的に完全に毛が生えてこないようにする施術という訳ではありません。

 

永久脱毛とは、毛周期を考慮した一定期間後に発毛率が減少していること(具体的には6ヶ月後に毛が生えなてこない状態)を指しますので、将来的に生えてくるということもあります。しかし、永久脱毛を行うことで通常の毛が生えてくる可能性はかなり低くなります。生えてくるとすれば、細くて弱い産毛のような毛です。 

 

一般的な料金は、脇で5千円〜2万5千円程度、脚で8万円前後、顔全体で10万円前後、VIOラインで8万円から12万円前後となっています。全身の脱毛を行う場合は、30万円程度が相場となっています。いずれにしても安いからといって値段で決めるのではなく、事前のカウンセリングや説明を聞いて信頼できる所を選びましょう。 

 

永久脱毛には日々のムダ毛処理から解放されるというメリットがありますが、それと同時に知っておかなければならないデメリットもあります。施術を受けたらもう元のようには戻らないので、デリケートゾーンや眉毛などに受ける場合は慎重に考慮する必要があります。 

 

施術方法によっては、痛みを伴うものがあります。「ニードル脱毛」「フラッシュ脱毛」「レーザー脱毛」の三種類です。ニードル脱毛は、効果は持続しますが痛みは最も激しく時間もかかります。次に痛みがあるのは、レーザー脱毛です。輪ゴムをはじく程度の痛みがあると言われています。最も痛みが軽いのはフラッシュ脱毛ですが、効果はニードル脱毛やレーザー脱毛と比べて弱いと言われています。痛みが強く時間がかかるものほど、脱毛効果も大きいようです。 

 

現在日本では、永久脱毛の施術が認められているのはクリニックや医療機関のみです。永久脱毛は高額な費用や痛みなどリスクが伴うものであるので、信頼できるクリニックを選びましょう。